お歳暮に四万十うなぎを知り合いに送った。

うなぎ重

昨年末はゴルフを教えてもらった先生に通販で身が柔らかいと評判だった四万十うなぎをお歳暮に送りました。 知り合いの先生は、週末に無料レッスンをしてくれた方です。 うなぎが好物と聞いていたので、食べておいしかった四万十うなぎに決めました。

高知県の四万十うなぎは、日本最後の清流と言われる四万十川の河口で採捕されるシラスウナギを四万十川源流域で大切に育てられたうなぎです。 四万十うなぎの特徴は身が柔らかく、程よく脂がのっている美味しいうなぎです。

高知県では蒲焼きだけでなく、ちまき等に鰻を加工して食べる風習もあるようですね。 機会があればちまきも食べてみたいです。

大切に育てた四万十うなぎは、身が引き締まっていながらも柔らかく、先生からも喜ばれ大好評でした。