うなぎ通販 おすすめ

うなぎの旬な時期と栄養価について

時たま、私は美味しいうなぎの蒲焼が無性に食べたくなります。

 

夏バテ防止やお疲れ気味の精力回復によく食べられるうなぎは、美味しくってさらに栄養価満点の食材なので、まさに一石二鳥の食べ物だと思います。

 

通販のうな重

 

チェック普段何気なく食べている美味しいうなぎ、実は栄養面でも大変優れている食材なんですよね。例えば、よく食べる食材の牛肉と比較しても、エネルギーや脂質ともうなぎの方が栄養価が高いです。

 

しかも、うなぎの脂質は、健康を害する動脈硬化や高血圧、心筋梗塞などを防ぐ働きもあると言われています。

 

さらにビタミンに関しても、うなぎにはビタミンAやEが非常に多く含まれている特徴があり、昔から夏バテ防止などにうなぎを食べる風習が伝わっています!また、うなぎには良質なたんぱく質やカルシウムを含んでいます。

 

ちなみにビタミンAの期待できる効能は、レチノールという効力の早い種類や皮膚や粘膜を健康に保ってスタミナ不足を助け、免疫力を高める作用があります。

 

ビタミンEの期待できる効能は、ホルモンバランスをコントロールして、不妊症や早産、自律神経失調症などを防ぎ、ニキビやシミ・ソバカス、肌荒れ予防に効果が期待できます。

 

最近ちょっとお疲れモードだなぁ〜なんて感じたら、飛び切り美味しいうなぎを食べて体調をしっかり整えましょう!

 

 

天然と養殖では旬が違う

 

天然うなぎと養殖うなぎでは旬が違います。

 

天然うなぎは5月頃から獲れ始めて、冬眠に入る12月頃には漁が終了します。従って旬は秋から冬にかけての時期になります。

 

水温が下がり始める10月頃からは冬眠に備えて栄養を蓄えるのでうなぎに脂が乗ります。川や湖で数年かけて成長したうなぎは産卵のために川を下り出します。この時の「下りうなぎ」がとくに美味とされています。