うなぎ通販 おすすめ

通販のうなぎが美味しくおすすめする理由?

食べたことがある人ならわかると思いますが、うなぎ通販のうなぎは旨いですよね!私はうなぎが食べたくなると、必ずと言っていいほどうなぎ通販から取り寄せて食べています。しかも今では国産うなぎオンリーです。

 

以前、通販の安い鰻を買ってガッカリしたことがあります。それ以来、通販のうなぎでは値段だけでは買わないようにしています。

 

私の場合、うなぎってたまに食べるものですから、どうせ食べるなら飛び切り美味しいうな丼やうな重を食べたいのです。

 

以前に比べて通販のうなぎが特に美味しくなりましたよね。そこで、うなぎ通販が旨い理由を私なりにまとめてみたいと思います。

 

うなぎの蒲焼きは、さばくところから焼きを入れて仕上げるまでの工程まで、とても労力がいる料理だと思います。それ故に、お店でのうな重や蒲焼きは決してお安いものではありません。それだけの手間がかかっている料理だからです。

 

本来うなぎは魚に分類されますが、その身は魚とは思えないほどの旨味と食べごたえがあります。様々な栄養を持ち合わせ、たんぱく質やビタミンが多く含まれている事からも、滋養強壮の素材として認知されており、栄養と美味しさの両方を兼ね備える大変魅力的な食材と言えるでしょう。

 

知っている人もいると思いますがうなぎには、旨味の成分であるアスパラギン酸やグルタミン酸が含まれています。旨味成分を持つうなぎは、火を入れる事で更に旨味が増します。

 

こだわりのお店などでは備長炭を使って焼く事が多いですが、備長炭の良さは香りの良さだけではなく、炭による遠赤外線効果が大きいのです。備長炭の強い火力によって、旨味成分を閉じ込めます。さらにその熱による遠赤外線効果でうなぎがじっくりと時間をかけて焼かれ、ふっくらとした焼き上がりに仕上がります。

 

最近のうなぎ通販も、焼きの工程にはそれぞれこだわりをもっています。また、うなぎのタレが美味しくなってますよね。

 

鰻のたれ

うなぎの蒲焼きには欠かせないタレにも美味しさの秘密があります。ただの甘いタレだと思ったら大間違いであり、蒲焼きのタレならではの工夫がちゃんとなされています。

 

蒲焼に使っているタレは、こだわっている所が普通に多いです。このタレを焼いたうなぎに何度もくぐらせる事で、うなぎの油がタレに染み込み旨味も加わります。この工程を経ることで、老舗の鰻屋などでは秘伝のタレを継承しているのです。

 

まぁうなぎは基本的にタレが美味しくないとご飯に合わないですからね。また、強火の遠火でじっくり焼いていると、外はサクっで中身がフワッと焼き上がります。

 

口コミで評価が高いうなぎ通販は、ハズレがなく、ポリシーをもってうなぎにとことんこだわっている姿勢を感じます。それだからこそ私も買うし、他の方のリピーターも多いのでしょうけど・・・ね。

 

美味しいうなぎを食べるのであれば、私は通販をおすすめしたいと思います。ぜひ参考にしてみてください。

 

 

通販うなぎの楽しみ方

 

うなぎはカロリーが高く、脂っぽい、胃にもたれるのではないかというイメージを持たれている方もいると思いますが、うなぎは意外とカロリーが低めなんですよね。

 

うまき

日本では私を含めた多くのうなぎファンがいます。そして、日本人はうなぎの蒲焼きが本当に大好きです。私もうな丼やうな重が大好物です。

 

うなぎは年中食べられる食材ではないので、うなぎ通販から美味しいうなぎを買ったなら、色々な食べ方で楽しみたいものです。

 

うなぎを食べるときは、ご飯の上にのせて丼ものとして食べるのが主流です。もちろん私もうな丼やうな重は大好きです。

 

でも、同じ食べ方ではつまらないので、私はひつまぶしやたまご焼きの中にうなぎを入れるだけの「う巻き」を作って楽しんでいます。「う巻き」は簡単に作れて栄養も満点で、ご飯が進みとても美味しいです。

 

ひつまぶしは、うなぎの蒲焼を細かく刻んでご飯にまぶしてネギとワサビで美味しく食べます。こちらもうな丼とはまた違った美味しさですね。

 

最後の楽しみ方は「うな茶漬け」。ひつまぶしを少し残しておいて、上から市販の出汁を入れてサラサラっといただきます。もう大満足です。

 

通販のうなぎを取り寄せたら、どうせなら様々な食べ方を楽しみましょう!ぜひ参考にしてください。